AppleのIntelプロセッサ廃止でどんな影響があるのか??







Appleは2020年までに、全ての自社製コンピュータをIntelプロセッサから自社製造のAppleプロセッサに移行する計画が進行しているそうです。

このプロジェクトはKalamata(カラマタ)と呼ばれていて、全てのAppleデバイス(iPhone、iPad、Macなど)がお互いによりシームレスに連携するための大きな計画の一部のようです。

この計画はIntelにとって痛手なのは容易に想像がつきますが、わたしたちAppleユーザにとってどんな影響があるのかギズモード・ジャパンさんが紹介されていたのでご紹介(≧∀≦)b!!


詳細は元記事を確認いただくとして、以下に簡単にまとめておきます。

  • macOSをインストールした自作PC(Hackintosh – ハッキントッシュ)の夢はなくなる
  • Windowsのデュアルブートもなくなる可能性があるので、アプリのクロスプラットフォーム開発も煩雑になる
  • 2001年にMac OS 9からOS Xに移行して以来になるOSの抜本的なリデザインが必要
  • iOSにmacOSを近づけるとなると、アプリの入手方法の単一化やOSの根幹へのアクセスが不可能になるなどが考えられる


過去にアップルは、PowerPCからIntelに移行する際、数々の布石のおかげでユーザーが極力無理のない移行をすることができました。

なのでMacでiOSアプリを実行するための「Marzipan」と呼ばれるソフトウェアプラットフォームの開発プロジェクトのウワサも合点がいきます。
「Marzipan」は、初期のMac OS Xにあった Mac OS 9.2.2を一種の仮想マシンとして動作させる「Classic環境」と呼ばれるMac OS互換機能のような位置付けになるような気がします。


しかしまぁ・・・

現在のmacOSの自由度が好きなので、iOSのようになってしまうのはナァ・・・^^;

でもiOSとよりシームレスに連携するってのはいいよなぁ((o(´∀`)o))ワクワク


でもなぁmacOSがiOSのようになってしまうのはナァ(ll゚Д゚)

でもなぁmacOSがiOSのようになってしまうのはナァ(ll゚Д゚)

でもなぁmacOSがiOSのようになってしまうのはナァ(ll゚Д゚)


 












1件の返信

  1. 2018/04/08

    […] AppleのIntelプロセッサ廃止でどんな影響があるのか?? >> Blog!NOBON+ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です