iTunes Storeでの楽曲ダウンロード販売は 2019年3月31日 で終了かも







Appleが iTunes Storeにおいて楽曲のダウンロード販売を 2019年3月31日 を以って終了するようだと、iPhone Maniaさんが紹介していたのでご紹介(≧∀≦)b!!


楽曲のダウンロード販売終了のウワサは以前からあって、近いところでは昨年末に「早ければ2018年末にも終了する」と報じられていました。

で、今回、「2019年3月31日で終了という具体的な日程が想定されている」と具体的に報じられ、もう一年もないわけですからびっくりしたワケです。


で、で、気になるのはこれまでにダウンロード購入した楽曲がどういう扱いになるかってコトなんですけど、ネタ元によると「今までにダウンロード購入した楽曲は、これからも引き続き全ての端末で利用可能」とのことなので、まずは一安心:)

また、iTunes Plusサービスを使ってダウンロードした音楽やビデオも引き続き利用可能とのこと。

ま、そうでなかったら世界中から批判を喰っちゃうでしょうしね^^;


ビジネスとしての音楽のダウンロード販売は、年々市場規模が縮小しており、ビジネスの中心はストリーミング(SpotifyやApple Music)へと移行しています。

こうした、コンテンツのダウンロード販売からストリーミングへのシフトは、当然、iTunesの機能やデザイン刷新も伴うものと考えられるので、肥大化し過ぎている iTunesの現状を鑑みると良い方向なのかもしれません。


個人的には、Apple Musicが現在の音楽関連のみのサービスから、Amazonプライムのように iTunes内の映画やテレビ番組などの映像コンテンツも(一部でいいから)見放題みたいなサービスに進化していって欲しいと思っています。

可能ならば iBooks Storeの書籍も一部でいいから読み放題にして欲しいなwww








1件の返信

  1. 2018/04/14

    […] iTunes Storeでの楽曲ダウンロード販売は 2019年3月31日 で終了かも >> Blog!NOBON+ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です