2017年度国内タブレット出荷台数は870万台でAppleが8年連続1位







ども NOBONです( ≧∀≦)ノ!!

昨日、遅まきながら2018年1Qに国内で最も売れたノートPCは「MacBook Air」ってのをお伝えしました。

今日は、2017年度の国内タブレット端末出荷概況についてご紹介です(≧∀≦)b!!


MM総研が公開した、2017年度通期(2017年4月〜2018年3月)における出荷台数は前年度比3.4%増の870万台で、3年ぶりの増加になったそうですwww

国内タブレット端末のメーカー別出荷台数シェアは Appleが42.0%で8年連続1位

詳細なシェアはわかりませんが・・・以下、2位:Huawei、3位:LG、4位:富士通、5位:NECレノボグループの順となっています。


2017年3月に発売のiPadは従来モデルと比較して実質的な値下げ(3万円台〜)となったことが起因となり、携帯キャリアが販売するセルラーiPad、Wi-Fi iPad共に回復したのだろうとのこと。


また、MM総研は2018年度のタブレット出荷台数を900万台(前年度比3.4%増)と予測しています。








1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です