CES会場近くに掲出されたAppleの巨大広告が話題





Appleは米ラスベガスで開催中の『CES 2019』(2019年1月8日~11日まで)には例年のごとく出展していないのですが、会場近くのビルに掲出された巨大広告が話題になっているとギズモード・ジャパンが伝えています。


皮肉の一貫でしょうか。今年もラスベガスで開催される、家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー) 2019」。Apple(アップ...


この壁画広告の場所は、CES会場、ラスベガスコンベンションセンターのモノレール駅の前とのことで、ガジェットの祭典に面と向かいプライバシーへの意識の高さをアピールしている格好になります。

広告のキャッチコピーを抜き出してみると・・・

What happens on your iPhone, stays on your iPhone.
iPhoneで起きたことは、iPhoneにとどまる

実質的には「ユーザーの個人情報を外部には出さない」という意味合いで、「What happens in Vegas stays in Vegas(ラスベガスでの出来事はラスベガスにとどまる = 旅の恥はかき捨て)」ということわざのもじりなんですね(p゚∀゚q)キュキューン

ユーザーの個人情報の取り扱いを巡り批判されたGoogle、Facebook、Amazonに対抗する比較広告の1つでしょうねwww

つまり「Apple製品はWindows PCやChromebookよりも安全だよ〜♪」ってアピールなんですねwww



 







1 thought on “CES会場近くに掲出されたAppleの巨大広告が話題

  1. ピンバック: 【】「問題解決まで対応させていただきます」と言ったAppleサポートに裏切られた件 | iPhone+iPad FAN (^_^)v 他 (2019/1/11) #applejp – Blog!NOBON+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です