【まとめ】映画「JOBS」を鑑賞したWozの感想 #applejp

Jobs
スポンサーリンク

日本では 2013年11月1日に公開される「スティーブ・ジョブズ(原題:JOBS)」の試写会を鑑賞したスティーブ・ウォズニアック(Woz)が感想を Bloombergのインタビューで答えています。

インタビュー動画は上のリンク先で見られます。

要は美化し過ぎの脚本が気に入らなかったみたいですね^^;

skitched-20130820-192821

GIGAZINEさんがインタビューの回答を和訳してくださっていたので、ウォズのコメント部分の要点をメモ代わりに抜き出しておきたいと思います。

「ジョブズの映画は間違っているところがたくさんある」とAppleの共同創設者ウォズニアック氏が指摘 – GIGAZINE

  • 映画に期待していた分、内容にはかなり失望した。
  • 人物の描写にある程度の間違いがあるのは理解でるが、重要なイベントにおける概念は正しくなければいけない。私の知っている事実と大きくかけ離れていた。
  • ジョブズをとても偉大であり完璧な経営者のように描いているが実際にはそうでなかった。
  • ジョブズがあたかも全てのことを指示したかのように描かれている。
  • ジョブズはApple ⅢやMacintoshで失敗し危機に陥った。そこからAppleがどうやってはい上がってきたか映画からは全く伝わらない。
  • ジョブズの人間関係の描写もあまり好印象ではなかった。ジョブズは始めから知性にあふれる人物ではなく、周囲の人間によって偉大な経営者になれたんです。
  • ジョブズが本当に偉大だったのは、彼がAppleに戻ってきてから。
  • Appleに復帰した彼は、人間的に成長しており、自分のビジョンやアイデアをどうやって実現するか、どうやって市場に持ち込むかなどの考えにたけていましたよ。ただ、Apple創設期のジョブズはそうではなかった。
  • ジョブズが人間的にも成長できたのは周囲の人物のおかげであり、その人物たちが映画内でほとんど重要視されてなかっとことには本当に失望した。

CNET Japanでも Wozの感想が掲載されていたので、そこからも抜き出しておきます。

アップル創業者ウォズ氏、A・カッチャー氏主演のジョブズ氏伝記映画に対する不満を表明 – CNET Japan

  • 映画の悪いところの多くは、主役のAshton Kutcher氏自身が抱いているJobsのイメージから来ているのではないかと思う。
  • しかし演技は最初から最後まで素晴らしかったと思う。
  • 私は『i-時代』におけるSteveの卓越ぶりと、素晴らしい製品を愛用できる私自身の生活に対する彼の貢献に感謝しているが、この映画では彼のそういったスキルがはるか昔から発揮されていたかのように描かれている。
映画だから仕方のないことなのだろうけれど、ジョブズを美化し過ぎているんですかね??
いずれにしても観ることは確定なのだけれどwww



なんとスマホがたてられる!これぞ奇跡のリンゴ!?

コメント