【】WWDCで最も楽しみになった発表は「Spatial Audio(空間音響)」 | ふーてんのiPad 他 (2020/6/24) #applejp

りんごリンク
スポンサーリンク

【】りんごリンクとは・・・
このブログの管理人であるApple大好き NOBON が厳選する
本日摘み取った旬なリンゴの話題をまとめてお届けするリンク集です(≧∀≦*)ノ
おたのしみくだしゃい:)

▼▼▼ AppleとIT関連の気になるお話(≧∀≦)b!!

WWDCで最も楽しみになった発表は「Spatial Audio(空間音響)」
2020年のWWDCの基調講演はオンライン開催となったものの、例年通りたくさんの新しいことが発表されました。いろいろ面白そうな新機能や新しい試みがあったのですが私が一番興味を惹かれたのがAirPods Proの「Spatial Audio(
Apple、新デザインを採用した「iMac 24インチ」を今年10〜12月に発売か − Apple Silicon搭載??
MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、App…

watchOS 7で睡眠追跡機能搭載、バッテリーは大丈夫なのか? → 習慣を変えれば大丈夫
今日未明に開催されたWWDCの基調講演ではこの秋に正式リリースされるwatchOS 7に睡眠追跡機能が搭載されると発表されました。多くのユーザーが希望していた機能だけに期待が大きい反面、いつ充電すればいいのか?との不安の声も少なくありません
Apple(AAPL)、6月22日(現地時間)に日中最高値の株価と終値共に最高値を更新
最高値を更新 6月22日(現地時間)ナスダックの取引で、Apple(AAPL)の株式は前日から9.15ドル、前日比では2.62%上昇し、358.87ドルという史上最高の終値を記録しました Appleの日中最高値も359.46ドルとこちらも最高値を更新しています Appleの52週までの最安値は、192.58ドルです A
Apple、「WWDC20」の基調講演の映像を公開 − 日本語字幕も利用可能
本日、Appleが「WWDC20」の基調講演を開催しましたが、早速、その映像を公開しています。 基調講演はこち…
「iOS 14」ではフロントカメラの撮影内容を左右反転することが可能に
昨日、「iOS 14」が発表されましたが、その「iOS 14」では「iPhone」のフロントカメラでの撮影内容…
Apple、新デザインを採用した「iMac 24インチ」を今年10〜12月に発売か − Apple Silicon搭載??
MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、App…
【WWDC20】アップルは最善と信じる道具を作るために手段は選ばない
アップルの開発者向け年次イベント「WWDC20」がスタートした。新型コロナウィルス感染防止対策のためにオンライン開催となったが、その皮切りとなる基調講演では、過去最大級とされるアップデートが発表された。
iOS 14でアプリの広告トラッキングの拒否が可能に、セキュリティとプライバシーをさらに強化 | TechCrunch Japan
iOSの新バージョンには、セキュリティとプライバシーの新機能も多く含まれる。米国時間6月22日、AppleはiOS 14に組み込まれる新機能を多数発表した。
iOS 14、日本向けにも進化してます #WWDC20
新ボイスを聞きたい。iOS 14では世界のユーザーに向けたさまざまな新機能が導入されていますが、実は日本など複数地域に新Siriボイスを投入し、さ...
Appleが殺そうとしているもの2020年版リスト
今年もやってきました、Apple殺されリスト。2020年は「Intelアウトサイド」に尽きますが、WWDCでAppleに狙われた人気サービス&機能...
初めてのAppleシリコン搭載MacBookを妄想してみたww
2020年6月24日(水曜日)のリンク – Apple-Style



▼▼▼ その他の気になる話題(≧∀≦)b!!

ジダンが久保を警戒か「明日は家にいてくれたら…」 | ゲキサカ
 24日に行われるリーガ・エスパニョーラ第31節でマジョルカと対戦するレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、期限付き移籍中のMF久保建英について言及している。スペイン『マルカ』やクラブ公式ウェブ...
モデル顔負けの美貌とスタイル…ウクライナの「霊長類最強19歳美女」(現代ビジネス編集部) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。
ボルトン氏著書に、韓国がここまで怒る理由 「仲介者」の実態が赤裸々に...
隙間風が吹いている米韓関係が、「話題の本」で、さらに冷え込むことになりそうだ。米国のトランプ大統領の元側近、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が2020年6月23日(現地時間)に出版した回顧録「それが起きた部屋」だ。回顧録には、ボルトン氏が文在寅(ムン・ジェイン)政権への対応に不信感を募らせる様子が多数描かれて

コメント