Appleはハリウッドでの存在感を高めるためロサンゼルスに東京ドーム規模のApple TV+専用の撮影拠点を設けようとしている

Apple TV+
スポンサーリンク

Appleが、米カリフォルニア州ロサンゼルスに Apple TV+専用の撮影拠点を設けるため、広大な用地を探しているようだとiPhone Maniaさんが伝えています。

Appleはハリウッドでの存在感を高めたい思いから、この専用の撮影拠点を設けることで製作プロセスの効率化を図り、他社のストリーミングサービスに対抗してい期待と考えているようです。

この新拠点の規模は、テレビ番組や映画を製作するのに十分なスペースを確保する必要があるため、50万平方フィート(46,000を超える可能性があるそうです。

で、気になったのは、50万平方フィート(46,000ってどのくらいの広さかピンとこないので調べてみた。

こういう時って、よく東京ドームと比較されるので、早速、東京ドームの広さを調べてみた。

東京ドーム / 面積 47,000 m²

え、Appleが確保しようとしている46,000とほぼほぼ一緒じゃないですか!

つまりは・・・

Appleはハリウッドでの存在感を高めるためロサンゼルスに東京ドーム規模のApple TV+専用の撮影拠点を設けようとしている!!ってことですなww

  

Apple TV+って、今んとこ日本人にはたぶん微妙な感じじゃないですかね??

もう少し日本人目線の番組なんかも欲しいなぁ^^;

コメント