その語源は長らく不明だった。
しかし、金田一京助が三省堂書店で『日本外来語辞典』作成時の調査で、東京帝国大学(東京大学)正門前の理髪店「喜多床」の二代目店主舩越景輝が刃の刻印からフランスのバリカン・エ・マール製作所(仏語:Bariquand et Marre)の名を発見、社名が名称として広まったものと確認した[5][6]。
韓国でも「バリカン」と呼ばれている。

バリカン – WIKIPEDIA (VIA KOGUMARECORD)


謝ったら済む話なのに…みたいなことよく聞きますけど、
実際にきちんと謝れば許してくれる奴なんて、
ネットにいるんですかね。
僕はあんまり見たことないけど。

怨念マンさんのツイート (VIA PUDKNOCKER)


「正解したね賢いね」も「正解したね頑張ったね」も大ハズレ。
唯一正しい方法は「正解したね凄いね!どうやったの?」と子供に問いかけること。
子供に対して学ぶ姿勢を見せることが、最大の教育なんだよ。
そこで初めて子供は「学びの平等さ」を学ぶわけ。
大人に褒められるために学ぶんじゃない。
— 砂鉄 (@satetu4401)

VIA HTTP://TWITTER.COM/SATETU4401 (VIA KEITHYOKOMA)


文禄の役の後、明の万暦帝が秀吉を「日本国王」に任命する誥命を送付したものの、秀吉はこれに激怒して吉晴に下げ渡した。
吉晴は国書の見事さにそのまま持ち帰って家宝としていたが、後に娘が石川忠総に嫁いだ際に嫁入り道具として持たせた書画の中にこれを加えた。
そのため、この国書はそのまま石川家に伝わり、後に重要文化財とされた。
戦後、一時期民間に流出したものの、後に大阪市が買い取って大阪市立博物館(後に大阪歴史博物館に移転)の所蔵品として現在も保管されている。
従って、時代劇などで激怒した秀吉が国書を破り捨てるシーンは後世の創作によるもので史実ではない。

堀尾吉晴 – WIKIPEDIA (VIA BOCHINOHITO)


疲れているみたい。
facebookやインスタじゃなくてTumblrが一番楽しい。
純粋な気持ちでスキって言いたい。

momodayo


「白米は土に入れると腐るけど玄米からは芽が出て来る」
「だから玄米の方が生きる力が強い」
「だから玄米を食べた方が健康」
という最高にロックな三段論法。
芽が出たジャガイモでも食ってろ。

あでのいさんはTWITTERを使っています: “「白米は土に入れると腐るけど玄米からは芽が出て来る」 「だから玄米の方が生きる力が強い」 「だから玄米を食べた方が健康」 という最高にロックな三段論法。芽が出たジャガイモでも食ってろ。” (VIA SUKOYAKA)


私たちはどうして、自分自身の苦い感情に苦しみながら生きなければならないのか。
ヒトにどうして、ネガティブな感情が備わっているのか。
脳科学を知った者であれば、このように答えます。
ネガティブ感情を持つことで、ヒトは強くなるからです。
そして、強くなりすぎては困るから、ネガティブ感情に罪悪感というブレーキがかかるようにできている。

正しい恨みの晴らし方  (VIA MMGEN)

 








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です