シンガポール航空がiPadをパイロットのフライト情報管理に導入 #applejp #ipadjp







ども NOBONです( ≧∀≦)ノ!!

シンガポール航空にてパイロットのフライト情報管理にiPadを導入したと iPhone Maniaさんが紹介していたのでご紹介www


iPadで管理しているのは・・・

Fly Now – 天気、ルート、燃料の残量を確認
Roster – 飛行時間、フライト予定、ライセンス、パスポート、ビザの有効期限を管理


特にRosterで管理されている情報は、これまでパイロット自身で行っていたため、非常に重宝されているようです。

将来的には、ビザ申請のレターを自動で生成できるシステムの導入も視野に入れているとのこと。


近年、iPadやタブレットを導入してフライト情報の管理する航空会社が増えてきています。


 












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です