Steve JobsはCMキャンペーン「Get a Mac」を好んではなかった…らしい





ども NOBONです:)

KODAWARISANさん情報によると、2006年〜2009年にかけて Appleが展開したCMキャンペーン「Get a Mac」を故Steve Jobsはあまり好んでいなかったそうです^^;


'Get a Mac'とは、広告代理店のTBWA\Media Arts Labが2006年から2009年にかけて、Appleが展開したCMキャンペーンで、カジュアルな服装の男性が自ら...


「Get a Mac」とは、2006年から2009年にかけて広告代理店のTBWA\Media Arts Labが製作したCMキャンペーンで、カジュアルな服装の男性が自らをMacと紹介し、対してフォーマルスーツとネクタイの組み合わせの男性が自らをWindows PCと紹介する二人が、MacとPCの機能や性格を短い寸劇で比較するというもの。

日本バージョンは、ラーメンズで放送されてましたねwww


ジョブズが好まなかった理由は簡単で・・・

トークは面白いが、
視聴者の製品(Mac)への注目が薄れ、
本来の目的が損なわれている


ま、言われてみればそうなんですけど、、、
当時、ボクなんかは製品の違いがはっきりわかるんで楽しんじゃってました^^;


最後に「Get a Mac」の米国版(世界版?)と日本版の全編まとめ動画を貼っておきますね(≧∀≦)b!!

Complete 66 Mac vs PC ads + Mac & PC WWDC Intro + Siri Intro



MacのCM「Get a mac」日本バージョン-ラーメンズ


 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です