Apple「マップ」のストリートビュー機能「Look Around」を試してみた【動画有】

[Apple] iPhone

ども NOBONです:)

気になる、記になる…さんが、Google Street ViewのApple版である「Look Around」機能が、新たに米国のボストン、フィラデルフィア、ワシントンD.C.の3都市で利用可能になったと紹介されていました。

「iOS 13」から利用可能になった「マップ」アプリの新機能「Look Around」で、現時点では米国の限られた都市(サンフランシスコ・ベイエリア、ロサンゼルス、ニューヨーク、ラスベガス、ヒューストン、ハワイのオワフ島、ボストン、フィラデルフィア、ワシントンD.C.)のみ利用可能。

残念ながらまだ日本の都市は対応していません。

で、この新機能「Look Around」は、Googleのストリートビューのようにマップ上で任意の場所を360度見回したり、探索することができる機能で、都市の街路レベルの美しい画像をスムーズかつシームレスなトランジションと共に表示可能です。

で、早速、米国ボストンの適当なところを「Look Around」で探索してみた。

動画にしてみたのでご覧ください。

マップアプリで利用できる場所を表示すると、双眼鏡のアイコンがマップの画面右上に出現します。アイコンをタップするとストリートビューが閲覧可能となります。

バー、レストラン、公園などがアイコンとして表示され便利で、移動やズームなどGoogle Street Viewよりもスムーズに感じられ操作感は良好です。

そして何より全体的に美しさを感じました(p゚∀゚q)キュキューン

Look Around」の対応エリアはまだまだ限定的なものですが、いずれはGoogleに追いつきボクたちの生活を豊かなものにしてくれることでしょうwww

 





コメント

  1. […] 先日、Appleマップの「Look Around」機能が新たに米国の3都市で利用可能になったを紹介し、ついでなのでお試ししてみて、なかなかグッドな感じでござるって感じだったんですけど・・・ […]