ウォズを米大学教授が提訴だって!!

Woz
スポンサーリンク

ども NOBONです:)

なんだって!Wozことスティーブ・ウォズニアックStephen Gary Wozniak)氏が、エンジニア技術を教える専門学校設立のアイデアを盗んだとして訴訟を起こされていることが分かったとiPhone Maniaさんが伝えています。

その額なんと!100万ドル(約1億1,000万円)!!

詳しくは元記事をご覧いただくとして、訴訟にまでに至ってしまった理由を簡単に説明すると・・・

  • 訴えたのは、米コネチカット州のハートフォード大学で教鞭を執るラルフ・ライリー教授
  • 2010年にライリー教授はウォズニアック氏と“テック大学”を創設することに合意
  • 2011年には写真撮影会で契約を取り交わした
  • しかし、最終的にテック大学創設は頓挫
  • その後ウォズニアック氏が同じアイデアで別事業を立ち上げてしまった
  • そこで教授は「自分もこのベンチャー事業に参加したい」と連絡を取った
  • ウォズはアイデアは教授のものだと認めたものの、連絡を絶ってしまう
  • 最終的に知的財産権の盗用と著作権侵害の疑いでウォズに対して100万ドルの訴訟を起こした

一方、ウォズ側はの言い分は・・・

  • 教授と最終的な合意に至っていなかった
  • 写真撮影会での握手もファンとの交流の範疇に過ぎない
  • 契約交渉もウォズ本人の独断で決められるものではない

裁判所もこの点ではウォズニアック氏の言い分を認め、契約違反だとするライリー教授の訴えを棄却しているそうです。

もう!人のいいウォズを食い物にしないでください!!

コメント